コーヒーダイエットで激やせ?危険性はないのか

コーヒー ダイエット方法

皆さんは毎日どのような飲み物を飲んでいますか?

多くの人が朝のコーヒーは絶対外せない!と思っているはずです。

私もその一人で、時間がなくて朝食をとることができなくても、どんなに急いでいてもコーヒーを飲まないと一日を始められないのです。

その後も昼食、おやつなど1日3回は飲まないと気がすみません。

しかし、コーヒーはカフェインが入っていますし、空腹で飲むと胃を傷めるなど良くない効果もあるので、正直自分が1日に飲んでいる量がどうなのか気になるところでもあります。

コーヒーは様々な健康効果があると言われる一方、飲み方を間違えると体を壊すこともあります。

また、ダイエットにも効果があると言われていますが、実際毎日飲み続けている私が全く痩せていないので、やり方を間違っているのでしょうか・・・

しかし、コーヒーダイエットで検索してみると実際にこの方法で痩せた人がたくさんいるようです。

正しい方法で行うと、今まで何をやっても効果が得られなかった人でも、かなりの減量に成功したなんてこともあるようです。

毎日コーヒーを飲む人にとって大好きな飲み物を使って、全く苦なく痩せられるのであれば、こんなに楽なことはありませんよね?

これからイベントも増え、どうしても体重が増えやすくなるので、コーヒーダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

 

やり方

コーヒーにダイエット効果があると言われる理由の一つに、消化酵素であるリパーゼを活性化させるからです。

そのため、体脂肪を分解する効果が期待できると言われるわけです。

また、良く知られているのが燃焼効果です。

ですから、運動前などに飲むことで効率よくカロリーを消費することが可能なのです。

以前、某健康番組で燃焼系サプリを飲むよりもコーヒーを一杯飲んでから運動する方が、ずっと効果が高いと紹介していました。

運動前や朝出かける前にアミノ酸などのサプリメントを服用して少しでもカロリー消費量を上げようとしている人が多いようですが、コーヒー一杯で効果があるのなら、この方がずっと楽でお金もかかりませんよね。

利尿作用も期待できるので、夕方には足がパンパンという人はむくみ予防にも効果的です。

女性が求めるダイエット効果がギュッと詰まった飲み物と言えます。

 

注意点

ホット

コーヒーダイエットはとても手軽で是非試してみたいものですが、飲み方を間違えると効果がないだけではなく、健康を害する可能性もあるので注意しましょう。

まず、コーヒーの種類ですが、インスタントよりもドリップがおすすめです。

インスタントで全く効果がないわけではありませんが、できればドリップの方が良いそうです。

また、砂糖やミルクを入れてしまうと逆に太ってしまう可能性があるので、ダイエットのために飲む場合はブラックでホットにしましょう。

胃腸や体を温めることで燃焼効果やむくみ解消効果がより得られるようになるからです。

飲むタイミングですが、空腹時を避け食後や運動前などがおすすめですが、絶対のこの時間!という決まりはないので、自分のライフスタイルに合わせて大丈夫です。

ただ、先ほども書いた通り空腹時は胃を傷めやすく、また、就寝前は睡眠を妨げる可能性があるので避けるようにしましょう。

コーヒーは認知症予防やがん予防などにも効果があるという研究結果があるので、上手に取り入れて健康とダイエット両方の効果を期待したいですね。

コメント