綺麗なストレートヘアを作るために

ストレートヘア

いつの時代も好感度ナンバーワンのヘアスタイルといえば、さらさらストレートヘアですよね。

私もストレートヘアが大好きです!

巻くスタイルも格好良くてお洒落なんですが、やっぱり憧れるのはストレートヘアですよね。

でも、ストレートヘアを維持するのってなかなか大変なんです…ウエーブヘアよりも時間がかかるんじゃないですか?

綺麗なストレートヘアを作るためには不可欠なものといえば「縮毛矯正」もしくは「ヘアーアイロン」

私はどちらも小学生の頃から愛用しています。

どっちの方がコストパフォーマンスが良いのか、綺麗なヘアスタイルを作りやすいのか、比べてみました。

★縮毛矯正について

美容院 縮毛矯正

綺麗なサラサラヘアーを維持するために必要なものといえば縮毛矯正ですよね!

昔はストレートパーマが主流でしたが、今はもはや縮毛矯正の時代です。

ストレートパーマはあくまでパーマした髪の毛をストレートに戻す効果しかありません。

しかし縮毛矯正は、ストレートの液剤に加えてヘアアイロンで髪の毛を伸ばしてから髪の毛を矯正するので、かなりのストレート効果を実感することができるでしょう!
縮毛矯正のメリットといえば、毎朝簡単にストレートヘアを維持することができる点でしょう。

縮毛矯正をすると、簡単にブローするだけですぐに綺麗なストレートを維持することができます。

癖っ気の人でもすぐにストレートヘアになれると評判です。

あとは縮毛矯正をすると髪の毛がサラサラ艶々になるって人も多いですよね?
しかしデメリットもあります。

まずは値段が高いところ。

場所によりますが5,000円から30,000円までかかります。

高ければ高い程丁寧だし、良い液剤使っていますし、持ちも良いです。
髪の毛も痛まないししっかりとストレートにしてくれます。

しかし、縮毛矯正は髪の毛が伸びている部分にしか行うことができません。

だから伸びてきた部分は縮毛矯正されていないんですよね…
もちろん時間経過とともに取れてくるので定期的に縮毛矯正をしなければいけません。

あとは縮毛矯正をするとコテで巻いたりしにくくなります。

デジタルパーマはかけることができるみたいですが、下手な美容師さんだと髪の毛がちりちりになってしまう見たいですね…。

縮毛矯正をかけた数日間は髪の毛を結ぶことができないので、接客業等で髪の毛を結ばなければいけない人は大変でしょう。
耳にかけたりするのも駄目です、癖がついちゃうからね。

っていうことで、意外とデメリットも多いんですよね。

★ストレートアイロンについて

ヘアアイロン ストレート

小学生のころから愛用しているストレートアイロン。

昔は高かったのですが、今は3,000円くらいで使いやすいストレートアイロンが売っています。

もちろん値段が高い方が綺麗にストレートが作れるし髪の毛も痛みにくいですけどね!

ストレートアイロンのメリットは簡単なところ!コスパも抜群!

一度購入すれば、簡単にストレートヘアを作ることができます。

パーマをかけていても大丈夫。
自分好みのストレートにアレンジが可能です。
でも、ストレートアイロンは痛みが酷いです。

毎日熱で髪の毛を焼いている状態なので、使えば付くほど毛先から傷んでいきます。

もちろんトリートメント等でケアをしながら使えばそこまで痛みませんが、それでも枝毛切れ毛は増えてしまいます。

あとは時間が掛かる!

髪の毛の量が多かったり長かったりすると、ブロッキングをして少量ずつ丁寧にストレートアイロンをかけなければいけません。

朝急いでやっても10分から20分はかかるかも…。

だからめんどくさがりやの人にはストレートアイロンは向いていないかも知れませんね…。

★結局どっちがいいの?

一番良いのは

縮毛矯正をして毎日軽くヘアアイロンを使うこと!です!

これでそこまで手間をかけずに綺麗なストレートヘアを作ることができます。

ヘアアイロンは最小限で、気になる部分のみをちょちょと治して下さい。

ドライヤーのブローでも十分綺麗なストレートを作ることができますが、やっぱり早くて綺麗なストレートを作るにはヘアアイロンが一番なんですよね…。
もちろんお風呂上りのブローをしっかりと行えば、ある程度は綺麗なストレートヘアを維持することができます。

毎日トリートメント、アイロン前には洗い流さないトリートメントで毛先を保護。
ヘア用のオイルやアイロン用のスプレーを使ってケアをすれば、そこまで痛まずにアイロンを使いこなすことができるでしょう!

ヘアアレンジをいろいろ楽しみたい人には、やっぱりストレートアイロンの方がいいと思います。

縮毛矯正でもある程度ヘアアレンジは楽しむことができますが、髪の毛がちょっと硬くなるので扱いにくくなってしまうかも知れません。

生まれながらの綺麗なストレートヘアの人もいますが、やっぱりある程度努力しないとストレートヘアを維持することはできません。

傷まないようにする為にも、綺麗なヘアスタイルを作るためにも、本当に手間が掛かっちゃうんですよね~。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る