女性の更年期は太りやすいだけではなくコレステロールにも注意が必要!

その他

年齢を重ねると男女ともに気になってくるのがコレステロール値ではないでしょうか。

なぜか加齢によるコレステロール値の上昇が目立つのは女性の場合更年期も影響しているので気をつけなければならないのです。

更年期にはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの減少がみられます。

エストロゲンが減少することで、コレステロールがたまりやすくなるため数値が驚くほど上昇するという方も少なくはないのです。

コレステロールが血中に増えることで、血管にへばりつき塊となって血の流れを邪魔するようになります。

ひどい場合には血管内に詰まるように塊を作り、血管を破裂させ死に至る原因となってしまう動脈硬化となる場合もあります。

このように更年期には特に注意しなければならないのがコレステロール値でもあります。

動脈硬化は心臓や脳の血管にできやすく、ひどい場合には死に至る可能性が高くなります。

コレステロールは食生活によって大きく左右されるほど影響を受けるものなので、油分の取りすぎや暴飲暴食に注意していかなければなりません。

また更年期はエストロゲンの助けも少なくなってしまうので、さらに気をつける必要があります。

更年期に入ったと自覚した、または医師による診察でわかったのであれば、コレステロールにも気を使った食事をしていくようにしましょう。

コレステロールとは具体的にどんなもの?

体に悪いと思われているコレステロールですが、ある程度は必要であり、取りすぎると良くないものでもあるのです。

コレステロールは脂質の一つであり、体にとって必要な脂質でもあるのです。

コレステロールの役割は様々で、ホルモンの材料にもなるのです。

ホルモンといっても副腎皮質ホルモンで、水分量の調節やストレスを感じた時に分泌されるものであり体にとってとても重要なホルモンです。

また細胞の膜を作る材料にもなっています。

他にも消化液である胆汁酸の生成にも使用されています。

胆汁酸は脂肪を消化し吸収するときの助けとなるので、コレステロールがなければこの重要な働きも鈍くなってしまうでしょう。

悪者扱いされているコレステロールですが、体にとってはとても重要なものであるということがわかります。

コレステロールは全てが悪いものではなく取りすぎると悪いものであるということを理解して、どの様な取り方が良いのかなどを見極める必要もあります。

また何を摂取することでコレステロールが体に余分に溜まってしまうのかも知っておくことも重要です。

まずはコレステロールについてよく理解して、どの様に摂取していきどの様に付き合っていくのかが良いのかを知ってから、数値などを気にする様に心がけましょう。

本当にコレステロール値が高いと危険なの?

コレステロールと一言にすると、なぜかとても悪いものに感じられる方も多いでしょう。

それは健康診断や血液検査などで、よくコレステロール値について注意されることがあるからでしょう。

コレステロールは基本的に取りすぎていなければ、体にはとても重要なものです。

ただ血中コレステロールの値が高い場合には注意する必要があるのです。

血中にコレステロールがあっても通常であれば回収され、体の様々な部分で材料となっていきますが、そのままで回収されていない場合は危険であると考えられます。

なぜ危険なのかというと、血中で余ったコレステロールは血管の壁に張り付いてしまい、血管が細くなり血流が悪くなるからです。

血流が悪くなれば血の巡りが悪くなり心臓や脳へ負担がかかります。

それだけではなく、張り付いたコレステロールが塊となるのですが、その塊が勝龍を止めてしまう場合もあるのです。

血流が止まれば心筋梗塞や脳梗塞が起きてしまい、死に至る可能性もあります。

そのため、コレステロール値が高いと危険であると言われているのです。

またコレステロール値と呼ばれる数値は血液内のコレステロール値になります。

数値が高ければ高いほど回収されていないコレステロール値が多いため、血管内にコレステロールの塊ができやすいという状態なのです。

この数値が高い方は、コレステロールについて意識する必要があると考え他方が良いでしょう。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違い

血

イメージのあまり良くないコレステロールですが、実はコレステロールはその中から2種類に分けられます。

一つが善玉コレステロールで、もう一つが悪玉コレステロールです。

善玉コレステロールは血中に残ったコレステロールを集めて肝臓まで運びます。

そのため血中にコレステロールが残ることなく、血管内もすっきりし血流も良くなります。

反対に悪玉コレステロールは血中にコレステロールを運び出すため、血管内にコレステロールを充満させてしまい、そのコレステロールが血管の壁にへばりつき血液の流れが悪くなってしまう要因を作ってしまいます

この悪玉コレステロールによって血液の壁にコレステロールが塊となってしまう動脈硬化が作られてしまうのです。

悪玉コレステロールは過度な飲酒や食べ過ぎ、動物性脂肪の取りすぎによって増えると言われています。

減らすためには過度な飲酒や食べ過ぎを控えて、動物性脂肪も青魚などから摂取するように変えなければなりません。

何事にも適度を保ちつつ、食生活を見直せば善玉コレステロールを増やすこともできるので、食生活など意識するなどの対策が良いでしょう。

また運動などでも改善できるので、コレステロールが気になっている方は、まずちょっとした運動や食生活の改善で対処できるようにしましょう。

コレステロール値よりも気にしなくてはならないのが・・・

健康診断などでも指摘されるのがコレステロール値です。

ですがコレステロール値といっても、どのコレステロールなのかわかりませんよね。

数値だけに意識がいってしまうと必要なコレステロールが摂取できなくなる可能性もあります。

できれば数値だけにとらわれるのではなく、悪玉と善玉のバランスが取れるようにするのが一番良いのです。

それには数値ではなくLH比を見るようにしましょう。

一番バランスの良いLH比は2.0以下が望ましいとされています。

このLH比が2.0以上であれば動脈硬化が疑われるほど、血中のコレステロールが多いということです。

動脈硬化は狭心症や心筋梗塞の他に脳梗塞などの要因となる危険があります。

この基準を超えていればリスクがあると考えて改善しなければなりません。

またLH比が2.5以上の場合には血栓ができている可能性がとても高くなるため、心筋梗塞などの危険が迫っていることが疑われてしまいます。

一番望ましいLH比は持病がなければ2.0以下で、動脈硬化が原因の病気を過去に経験した場合には1.5以下と言われています。

LH比を安定させるためには悪玉コレステロールを減らすことが重要なので、まずはこの基準を満たしているかチェックし、満たしていなければ改善を、満たしていれば継続できるように努めていきましょう。

コメント