短期間で確実に痩せるのは、やっぱり炭水化物抜きダイエット

パン

ここ最近、食べ放題に行くことが増えたことと、運動不足で人生で一番太ってしまいました。

色々なダイエット挑戦してはリバウンドを繰り返してきた私ですが、今回はかなり深刻・・・

流行りのダイエットって正しくやれば、ほぼ確実に痩せるんです!

「全く効果がない」「体に悪い」など言う人がいますが、きっとやり方に問題があると思います。

確かに、それほど太っていない標準体型に近い人に限って痩せたがりますし、そんな人が体重を落とすには決して健康には良くありません。

バランスの良い食事と適度な運動を毎日継続できれば、確実に肥満にはならないのですから。

しかし、この当たり前の常識では痩せることはできませんよね?

痩せるためには多少の無理は必要だと思うのです。

今回、私が実践する炭水化物抜きダイエットも反対派がいます。

健康的に良くない、栄養が偏ってしまうなどの意見がある一方、健康を害するには炭水化物の摂り過ぎだという専門家もいます。

どんなダイエットだって反対派と肯定派がいるのですから、自分が一番良いと思う方法を試して、ダメならやめれば良いと私は思っています。

しかし、炭水化物抜きダイエット、ローカーボダイエット、低糖質ダイエット名前は違いますが、炭水化物を中心に糖質をひかえるダイエット方法を調べてみると、どんなものよりも成功者が多いのです。

パスタ

流行りのダイエットはとりあえず全部飛びつく私ですが、中でも炭水化物抜きダイエットが一番早く簡単に痩せました。

それではなぜ今また太っているのか?

それは、目標体重になった途端、元の食生活に戻ってしまい、自分が炭水化物をひかえていたことさえ忘れていたのです。

私が痩せたいと思うのは、健康のためとかではなく、「友達とプールに行く」「同窓会がある」など、ある一つの目的の日のために痩せたかったのです。

ですから、その日が過ぎるとしばらくは無理に痩せる必要もなく、好きなものを好きなだけ食べる生活に戻ってしまいます。

今回は、そんな特別な日のためのダイエットではなく、本気で常にスリムな体系を取り戻したいと思っています。

と言うことで、数あるダイエットの中で一番自分に合っている炭水化物抜きダイエットを再開することにしたのです。

このダイエットの良さは、炭水化物以外なら何を食べても良いので、空腹感を感じることがなくストレスフリーなところです。

ストイックに炭水化物抜きを行うと、食べて良いものがかなり限られてしまうので、適度に行うのが良いと思います。

長く続けるコツ

それでは、炭水化物抜きダイエットを長く続けるためには、どうしたらいいのでしょうか?

私が5キロ痩せたときは、最初の一週間は3食全部の炭水化物を抜いていました。

基本的にごはん、パン、麺類、お菓子、ジュース、甘いものは避けて、おかずとスープやみそ汁、豆腐や納豆、卵を摂取していました。

肉や魚、野菜は好きなだけ食べて良いので、全く空腹感はないのですが、どんどん体重が減っていきます。

いかに人間の体の余計な脂肪は炭水化物で作られているのかが分かります。

同時に体が軽くなるので、いつも以上に行動的になるのもこのダイエットの良さです。

ダイエットって最初の1週間がかなり重要で、この期間に全く体重が減らないとやる気がなくなってしまうのです。

一週間で1~3キロは体重が減るので、その後は無理のない程度に、3食中2食は炭水化物を抜き、その後は夜だけ抜くなど自分に合った頻度を見つけてください。

目標体重まで落ちたからと言って炭水化物中心の食生活に戻してしまうと、恐ろしいリバウンドが待っています!

今まで以上に太ってしまう可能性もあるので、適度に継続し必ず2ヶ月はベスト体重をキープしましょう。

2ヶ月キープできると、簡単にはリバウンドしないそうなので、炭水化物を摂り過ぎないように気を付けながら、徐々に自分に合った食生活に戻していきます。

このように、本当に短期間で確実に痩せることができる炭水化物抜きダイエットですが、失敗しないためには目標体重をいかにキープするかにかかっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る