ファスティングダイエット中にお腹が減った時の対処法

食事制限

ファスティングと一言で言ってもやり方は様々で、本格的に酵素ドリンクだけで何日か過ごす完全な断食に近いものから、一日の一食もしくは二食程度を酵素ドリンクに置き換える方法もあります。

ファスティング道場などの施設では本格的な方法で体質改善、ダイエットを目指すことができますが、これは専門家がいてくれるからできる部分が多く、素人がなんの知識もなく酵素ドリンクだけで数日過ごすのは危険かもしれません。

何度か軽いファスティングを繰り返すことで、コツや維持方法を学ぶことができるので、徐々に本格的なファスティングに移行する方法をおすすめします。
しかし、普通に生活しながらファスティングを行いたい人は、夕食を酵素ドリンクにのみにするだけでも、かなり効果を感じるはずです。

今まで夕食をたくさん食べる習慣があった人にとって、このファスティングだけでもかなりきついかもしれません。

当然お腹が減って寝れないなんてことにもなりますよね?

酵素ドリンク

しかし、ファスティングの目的はカロリー摂取量を減らすだけではなく、固形物を食べないことで胃腸を休ませることなのです。

ですから、極力酵素ドリンクだけで我慢し、早く歯磨きをしたりガムなどを噛むことで満腹感を得られるように工夫しましょう!あとは、早く寝るのが一番です。

 

食べても良い物

自宅でファスティングをするときは、道場で行うものとは違い、何も食べないわけにはいきません。

ファスティングを施設で行う場合は、すべての食事や飲み物、運動なども管理されているため、自分はただ従うだけです。

しかし、プチ断食感覚の場合は、一日のうち一食か二食を酵素ドリンクなどに置き換えるはずです。
確かに緩めのファスティングにはなりますが、ストレスなくできますし、生活スタイルを変えずにいつでも始められるというメリットはあります。

このような場合でも、ファスティングは食べ物に気をつけないと、胃腸を休め体内の毒素を排出させることができず、体重が減ってもすぐにリバウンドしてしまうのです。

ファスティング 野菜
それでは、ファスティング中は何を食べたらいいのでしょうか?

とにかく早く効果を出したい人は、カロリーが少ない野菜やこんにゃく、ささみなどがおすすめです。

デトックス効果が高い野菜スープは、満腹感も得られ最適な食事と言えますが、急激にカロリー摂取を減らしてしまうと、健康を害する可能性があるので、お肉や魚、豆類などのたんぱく質を積極的に摂りましょう。
長期間で、緩やかなファスティングをしたい人は、二食は普段通りに食べても大丈夫ですが、炭水化物はなるべく早い時間に摂ることで消費しやすくなります。
ファスティング=ダイエットだと思っている人が多いようですが、本当の目的な胃腸を休め機能を高めることで、デトックス効果が得られるものです。

短期間だけ集中的に!と言うよりは、健康のために無理のない程度に続けることをおすすめします。

 

避けるべき食べ物

ファスティング中でもあまり気にせず食べる人が多いようですが、せっかく始めたのですから、できるけ効果的に行いたいですよね!

そのために、できるだけ避けた方がいい食べ物があります。
ファスティングを本格的に行った経験がある人は、何を避けるべきなの自分の体が判断してくれると言います。

本来の目的である、胃腸を休め毒素を排出するためには、できるだけ消化の良いものを摂取するべきですよね?

そう考えると、避けるべきものは消化の悪いもの、カロリーの高いものだと分かります。

ファスティングで食べていけないもの
ファスティングは、ジャンクフードや揚げ物、ケーキ、甘いジュース、ラーメンなどを避け、野菜や肉、魚をバランスよく食べましょう。

カロリーや消化吸収を考えると、和食がベストでお腹いっぱい食べるのではなく、腹八分で切り上げることと、十分な水分補給が大切です。

最初は辛いと思うかもしれませんが、ファスティングを続けていると、それが心地よく体が軽くなると感じるはずです。
ファスティングは、正しく行うとダイエットだけではなく健康や美容にも大変効果的もので、その後の食生活を考えるきっかけにもなるはずです。

おすすめのファスティングダイエット食品は=あの優光泉酵素が激安!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る