バストの位置をあげてアンチエイジングしよう!

バストアップ

バストの位置をあげることは、アンチエイジングにつながります。

どなたか忘れたのですが…40代くらいのタレントさんは下着に物凄く気を使っていて、ブラは全てオーダーメイドだそうです。

そうしないともう、バストの位置を上に保つことが難しいんだとか。

垂れる年齢は人にもよりますが、20代のうちからしっかりと気を付けていれば、垂れも抑えられるはず…!

で、即効性を実感したいときにおすすめなのがやっぱり下着ですよね。

オーダーメイドが一番ですが、そんな高額な下着簡単に変えません。

ということでぴったりなのが、脇高ブラだと思います。

普通のブラよりも脇の位置が高く、しっかりと胸を寄せあげてくれるので簡単にバストの位置をあげることが出来るみたいですね。

最近は様々な企業で、脇高ブラを販売しているみたいです。

バストを大きく見せるブラといえば、もりもりのパッドを盛り込んでいるのが主流だったのですが、最近は脇や背中にはみ出ているお肉も全部寄せてあげてまとめられるような脇高ブラが増えているみたいです。

ついでに脇高ブラをつけるとブラ周辺のはみ肉を寄せ集めることが出来るので、細身のラインを作ることが出来るんだとか…すごいなあ…。

実際に私もいくつか脇高ブラを持っているのですが、確かにバストが綺麗に見えます。

私が持っているのはノンワイヤーなのですが、それでもすごい!!!

ちなみに、最近はノンワイヤーをはじめ寄せてあげ過ぎない自然なブラが増えているみたいですね。

ノンワイヤーは賛否両論があるみたいですが、大手メーカー「ワコール」「トリンプ」では盛り過ぎない「ゆる胸」を推奨したブラを売り始めたみたいです。

盛り過ぎないといっても垂れたバスト推奨ということではなく、付け心地優先で盛り過ぎない、あくまで自然なスタイルを作るブラだそうです。

ノームコア等のスタイルが流行っているので、それに合わせた下着なのかなあ…?

脇高ブラの話をしましたが、下着でバスト位置をあげるのはあくまで一時的なもの。

毎日下着を脱いだ時にがっかりしたくはないですよね…。
そして、下着でバストを引き上げるにも限度があります。

ということで、やっぱり若いバストを保つためには日々の努力も必要なんだなあと思いました。

バストアップ商品を使う必要がないバストの大きい人は余計、バストの位置を高く保つための努力が必要なのかもしれません。

ブラはあくまで一時しのぎ…根本的なバストの垂れを解決するにはどうしたらいいの?!→続き記事はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る