パッティングとハンドプレス

美容 化粧水 パッティング

スキンケアに欠かせないのが化粧水です。

美容液や乳液はつけないっていう人がいても、化粧水はスキンケアをしている人ならほとんどの人が付けていますよね。

そんな化粧水って、パッティングでつけるか、コットンで付けるか迷うことってないですか?

私はいつも悩んでいます…だってどっちにもメリットデメリットがあるんだもーん!!

本当はどっちが肌にいんでしょうか?

●ハンドプレスについて

ハンドプレスはとにかく肌に良さそう!

コットンって、たとえコットンだとしても肌に刺激を与えているらしいんですよね。

あとは適度に温度が合った方がスキンケアの浸透率がアップするから、暖かい手の方がスキンケアには良いんだとか。

肌自体の状態を確認できるから手の方が良いという意見もあります。

確かに実際に触らないとわからないことも多いですし、今日は乾燥しているからいつもより多めに化粧水を付けようかな?とか、このスキンケアを使い始めてから肌の調子がいいな、とかいろいろとわかることがありますよね。

他にも肌の方がリラックス効果が高いとか、マッサージ効果を得られるとか、ハンドプレスにはメリットがたくさんあるみたいです。

●コットンで付けるメリット

コットンで付けると肌に吸収されず、そのまま肌に直接スキンケアを吸収させることができる、というメリットがあります。

一説によると、ハンドプレスだと化粧水がほとんど手に吸収されちゃうんだとか…。

だから、コットンの方がしっかりと化粧水を送ることができるみたいですね。

あとは、コットンは後々コットンパックに出来る!

手でパックをすることはできませんが、コットンだとある程度パッティングをしてから頬等気になる部分に使用したコットンを使うことができます。

アイドルとかも、よくブログでコットンパックをしている写メをあげてたりしますよね?

コットンパックって化粧水の節約にもなりますし、美肌効果も高いと思うんです!

最近は何枚かに分けることができるコットンも販売しているので、顔のさまざまな部分を簡単にコットンパックできるんじゃないかなーって思っています。

せっかくの化粧水を逃さず肌に叩き込むことができる!
そんなコットンパックは肌にはとてもいいんじゃないかなーと思っています。

あとはコットンだと清潔感があります。

手は雑菌だらけ…って話もありますし、雑菌だらけの手で付けるよりも清潔で使い捨てのコットンの方が肌には優しいですよね?

もちろんスキンケアの前後でしっかりと手洗いをして綺麗な状態でつければ問題ないのですが、スキンケアごとに手を洗っていてはキリがない?!

ってことで、清潔に保ちたいのならコットンの方がいいかも。

そして手にも肌にも凹凸があるので化粧水が付けにくいところがある!

その点コットンプレスはコットン素材なので、付けにくいところでもしっかりと化粧水を叩き込むことができます。

均等に、乾燥しやすい部分にもしっかりと化粧水を付けることができるのがコットンプレスのメリットなんじゃないかな?

保湿力が高そうなのも、コットンプレスですよね?

●結局どっちが良いの?

ハンドプレス スキンケア

いろいろなスキンケアのサイトを見たのですが、良いのは「ハンドプレス」だそうです。

コットンでの化粧水もメリットはいろいろあるのですが、デメリットもいくつかあります。

たとえばニキビや肌荒れが悪化する可能性があるんだとか…。

コットンとはいえ肌の刺激になってしまいます。

コットンでこすりながら化粧水を付けると、シミや色素沈着の原因になってしまうんだって?

だから、パシャパシャ化粧水を付けるハンドプレスよりも、コットンで付ける方が肌に悪いみたいです。

肌が傷つくと、いくら化粧水で水分を補ったとしても乾燥の原因となってしまいます。

もちろんコットンで美肌効果を実感することはできますが、知識がいるし結構難しい事…みたいですね?

だから肌トラブルを招かないためにも、化粧水はハンドプレスがおすすめです!!

コットンプレスが駄目って言う訳ではありませんが、どちらがいいのかな?って比べた時にハンドプレスの方が肌に優しいんじゃないなな?って感じる程度だと思います。

実際スキンケアを買いに行ったとき、BAさんがコットンで化粧水を付けてくれることも珍しくはありませんんからね。

これは衛生面を考慮して、って言うのもあると思いますし、化粧水を無駄にしない為の配慮っていうものもあります。
あとは化粧水をコットンで付ける専用のふき取り化粧水っていうものもありますよね。

ふき取りタイプの化粧水は、化粧水の一番最初に使うためものもです。

肌表面の汚れをふき取ってその後のスキンケアの浸透率を上げるために不可欠なもの!

「ふき取り」って付いているから、やっぱりコットンである程度ふき取ってから使うためのものだと思っています。

まあ、ふき取り化粧水にも賛否両論がありますし、最近はプレ化粧水ならぬプレ美容液というものも販売しているので、一番肌に負担がかからない方法を採用してみるのもいいんじゃないかなー。
後化粧水って、どこまでつけたいいのかわかりませんよね?

出来るだけたっぷりつけた方がいい!って訳ではないみたいです。

化粧水って付け過ぎると逆に肌が乾燥しやすくなったり肌が傷んでしまうという説もある程ですから…。

一番最適な化粧水の量は、肌を触った時にひんやり冷たく感じる程度だってどこかのサイトで見ました。

適度にひんやりしていると、肌内部に化粧水の成分が染み渡って潤っている証拠なんだとか。

肌のひんやり感を知るためにも、ハンドプレスは欠かせません。

コットンだと肌の温度も正確にわからずに付け過ぎてしまう場合がありますからね。

化粧水は肌にとても大切だけれども付け過ぎてもいけない!
コットンプレスよりもハンドプレスの方が肌に負担をかけずに優しく保湿出来る!!

そして一番重要なのは、自分の肌質に合ったスキンケア方法を見つけることなんじゃないかなって思います。

コットンプレスの方が肌に合っているという人もいますし、たっぷり化粧水を付けた方が肌に良いという人もいるでしょう。

スキンケアに合う合わないがあるように、スキンケアの方法も合う合わないがあるはずです。

まずは自分の肌と向き合ってスキンケアをすることが大切ですよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る