実は昔の脱毛方法の方が効果的だった?

脱毛エステ

ひと昔前までエステで脱毛するのはごく一部の女性に限られていました。

なぜなら、両脇の脱毛だけで50万円から100万円ほどかかる、一般の人ではなかなか手が届かないものだったからです。
当時は、脱もの技術が今ほど進歩しておらず、レーザー脱毛や光脱毛ではなくニードル脱毛といわれる痛みを伴う方法が一般的でした。

ニードル脱毛は、毛穴一個一個にニードルを差し込み、電気を送ることで毛根を死滅させる方法です。

脱毛効果はかなり高く、一度行った部分には二度と毛が生えてこない、永久脱毛と言われるタイプです。
そんなに効果が高い脱毛方法ならば、今でも受ける人が多いと思いますよね?

ダラダラ何カ月、何年も通わなくても良いのですから・・
ところがこのニードル脱毛はデメリットが多く、特に時間とお金、痛みがネックになり、徐々に今の脱毛方法が採用されるようになりました。

他の方法でも、多少の痛みは伴うものですが、ニードル脱毛の場合は耐えられないほどの激痛で、契約途中で通うのをやめてしまう人もいたようです。
また、毛穴にニードルを差し込むといった繊細な技術が必要で、スタッフを育成するのにも時間とお金がかかるのです。

当然トラブルも多く、お店としてはあまりメリットがない脱毛方法だったようです。

同じ永久脱毛でも、現在主流のレーザーのほうがメリットは多いですね。

レーザー脱毛のほうが価格も安く、サロンも多く、家庭用レーザー脱毛器も性能が良いので、ニードル脱毛が廃れてしまったのは必然だったようです。

 

レザー脱毛や光脱毛その違いとは?

私たちがお店や病院で受ける脱毛は大きく分けて二つあります。

レーザー脱毛と光脱毛です。

脱毛エステ

どちらも同じだと思っている人が多いようですが、実は脱毛方法がまったく異なり、それどれの特徴を理解したうえで契約しなくてはなりません。
レザー脱毛とは、医療用のレザーを使った脱毛方法で、医師がいる医療行為が許される病院でしか受けることができません。

それだけ強力な出力で毛根にダメージを与えるため、時間をかけずに脱毛をしたい人には最適な方法です。

しかし、多少傷みが伴うことと、光脱毛に比べて料金が高いことがデメリットと言えます。
光脱毛は、脱毛サロンやエステで気軽に受けることができる方法で、ショッピングセンターや駅前など便利な場所にあります。

そのため、学校や会社帰りによることもでき、美容室感覚で利用している人が多いようです。

光脱毛はレザー脱毛よりも出力が弱く、永久脱毛ではありません。

特に資格が必要ないため、誰でも施術ができる怖さや、長く通わなくてはならないことがデメリットと言えます。
このように、脱毛と一言で言っても使っている機械や受けられる場所が異なります。

しっかり理解したうえで、自分に合った方法を選びましょう!

こちらもご参考に=家庭用脱毛器の選び方.com

 

エステサロンでの脱毛後、どれくらいで生えてくる?

お店や病院で脱毛を受けるのは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

おそらくお金をたくさんかけるのですから、きちんと通えば終了後には二度と毛が生えてこないつるつる肌を手に入れるためですよね。

確かに、そうじゃないと通う意味がありません。

しかし、実際は脱毛に通ったにも関わらず、しばらくしたら毛が生えてきた・・と嘆く人が多いのです。
それでは、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

それは。最近一般的になりつつある光脱毛を永久脱毛だと勘違いしている人が多いからです。

光脱毛について調べてみると分かりますが、毛根を確実に死滅させるわけではないので、毛が少なくなる薄くなると言うのが本当のところです。

剛毛の人の毛が薄くなったらケアが楽にはなりますが、そのために高額なお金を払うのはもったいないと感じる人もいるはずです。

多くの人は、光脱毛を受けて数か月後にはまた毛が生えてきたと感じるはずです。

また、妊娠や出産、ホルモンバランスなどで一度薄くなった毛が、また以前と同じように生えてくる場合も少なくありません。
レーザー脱毛は、レザーによって毛根が死滅した毛は二度と生えてきません。

ですから、毛周期に合わせてしばらく通えば毛はなくなります。
このように、すべて永久脱毛だと思っていた方法がそうではない場合があります。

契約してから気づくなんてことがないように、きちんと理解してから受けるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る