私流ベースメイクのお話

美容 ファンデーション

メイクで大切なのってどの部分だと思いますか?
私はベースメイクだと思います。

ベースメイクをせずにアイシャドウを引いたり、チークを付けることってないですよね?
ほとんどのメイクはベースから始まるし、メイクをしている人のほとんどがベースメイクをしていると思います。

だから私、意外とベースメイクにはこだわっているんです。

○パウダーファンデーションについて

パウダーファンデーション

ファンデーションというと、パウダー、リキッド、クリーム辺りが主流だと思います。
もちろんエマルジョンとかミネラルとかもありますけどね。

私はこの中だとパウダー派です。

パウダーの利点は化粧直しがしやすい、簡単につけられる、そして肌に優しいってところだと思います。

リキッドやクリームは確かに肌への密着度が高いけれども肌への負担がかかる!
一日中クリームファンデーションをしていた日は、肌が付かれているな…と感じることも多いんです。

だから私はパウダーファンデーション派です。

ちなみに今はエスプリークの新作ファンデーションを使っています。
以前はプリマヴィスタを使っていたんですがちょっといまいち…っていうことで色々ファンデーションを見ていました。

ちょうど限定ケースとセットで売っていたのでエスプリークのファンデーションです。
まあまあ使い勝手が良いし、自然な感じに使えます。

安い金額のファンデーションだと、ポルトAのパウダーがおすすめ。
600円とは思えないクオリティ!流石に3,000円以上のファンデーションとは差がありますが、安くてそこそこ良いものを探している人にはおすすめします。

○リキッドとクリーム

ファンデーション

リキッドファンデーションとクリームファンデーションも使うことがあります。

リキッドファンデーションはレブロンのカラーステイを使っています。
カラーステイは崩れにくいファンデーションとして評判ですよね!実際にとても崩れにくいです。

カラーバリエーションもいろいろあるので使ってみてください。

ちなみにレブロンはクリームファンデも使った事があるのですが、こちらもなかなか良かったです。
クリームファンデは下地不要で簡単に使うことができます、が、やっぱり下地を使った方が綺麗に塗れるし持ちも良いです。

クリームファンデーションはメディアのファンデを使っています。
これは艶肌になれると評判のファンデです。
RMKのクリームファンデに質感が似ている…といわれているみたいですが、RMKを使った事がないのでなんとも言えません…。
どちらも悪くはないのですがやはり肌が疲れる。
あと、化粧直しが面倒で、崩れた時が大変なのでやっぱりリキッドが一番ですね。

○BBクリームとCCクリーム

平日とかちょっとお出かけする程度の時にはBBクリームを使っています。

主観なんですが、BBやCCに崩れにくさや持ち、質感を求めちゃ駄目!だと思います。

なぜならBBとCCの良さは素早く簡単にできるというところだから。
下地とかで手間をかければ質感とかも良くなるかもしれませんが、それなら普通にリキッドやクリームのファンデを使うことをおすすめします。

BBクリームはセザンヌを使っています。
セザンヌは安いのにお値段以上の品質!って感じのブランドだと思います、値段の割にどのアイテムも凄く良いです。

セザンヌのBBクリームは500円か600円くらいで買えます。
カバー力は十分なのでコンシーラーいらず。
崩れにくいものではありませんが、軽く塗ってちょっと出かける、程度にはとても使い勝手が良いアイテムです。

セザンヌBBの一番のメリットは石鹸で落ちるところ!
ベースメイクはもちろん重ねたアイブロウやチークも落ちます!
クレンジングって凄く肌に負担がかかってるので、肌の負担を軽減したい人は普段使いにセザンヌを使うことをおすすめします!
CCクリームはBBよりも負担を軽減したもの。
BBはベースメイク分類ですが、CCクリームはスキンケアに分類されるようです。

CCクリームは一番評判の良いシャネルの製品をタッチアップしてもらったことがあります。
使った感想は…薄い。確かに肌には優しいし軽い付け心地なのですが、マットよりの質感が好きな私には物足りませんでした。

肌質に自信のある人には良いかも知れません。

もう少しメイクした感が出るCCはないかな、とリンメルを買ってみました。
リンメルはカバー力のあるCCクリームということで買ったのですが、これ買うならBBでいいかな?という使い心地。

ということでCCクリームは諦めました。
でも、CMでも良く見かけるSUGAOが気になっています。

○化粧下地

すごーーく重要なアイテムだと思っています。
下地を変えるだけでファンデーションの使い心地が全然違うんですよね。

おすすめはプリマヴィスタの下地です。

パウダーファンデーションを愛用しているのですが、目元はカサつき小鼻はテカる事が多い私の肌。

ということで、基本はプリマの粉拭きカサつき防止下地、小鼻だけ皮脂崩れ防止下地を使っています。

本当カサつかないし、皮脂崩れもしません。

石原さとみちゃんがCMで「プリマの下地、本当いいよ!」って言ってるけど本当に良いですよ!!

ただ、プリマの下地はカバー力は全然ありません。
他の下地だと違うのかな?この2種類は全くと言っていい程肌補正効果はありませんでした。

パウダーファンデで十分肌補正出来るので不満はありませんが、肌補正したい人はコントロールカラーを重ね塗りした方が良いと思います。
ちなみにリキッド&クリームファンデーションのときはレブロンのフォトプライマーを使っています。
フォトプライマーは本当に毛穴が隠れる!塗るだけで簡単につるんとした肌になります。

ただ相性のせいなのかフォトプライマーにパウダーファンデーションを合わせるとよれてしまいます。
だから基本的にはクリームもしくはリキッドのときに使っています。

崩れにくい下地といえばキスのマットシフォンも有名ですが、これは肌が疲れちゃって駄目でした…。
だから一度だけ使ってそれ以降は使っていません。
ファンデーションに関しては全部主観だし、季節によっても違いがあるし、そもそも肌質によって合う合わないがあると思いますが、ベースメイクで悩んでいる人は参考にして見て下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る