首の凝りが顔のむくみの原因だった!

首 美容

女性にとってむくみは大敵ですよね?

ダイエットしてもなかなか痩せない人は、脂肪と同じようにむくみにも気を使った方が良いのかもしれません。

特に、朝は顔がパンパンにむくんで目が小さく見える、顔が大きく見えるなんて人も多いはず。

若いころはすぐに引いたむくみも、年齢と共になかなか元に戻らず、そのまま戻りにくくなることもあるそうです。

確かに、若いころは前日お酒を飲みすぎても、翌日のむくみは数時間で消えていました。

しかし、最近は一度むくむと午後までそのまま。

むくまないように食べ物や飲み物に気を気を付けないと、誰だかわからないほど顔が変わってしまうのです。

多くの女性が顔のむくみに悩んでいると思いますが、インスタで紹介されているこの方法、すごく気になります。

確かに、毎日パソコンやスマホ、仕事などで下を見る機会がとても多いのです。

そのため、首が凝り血流が悪くなることで顔がむくんでいるのかもしれません。

どんなに美容外科で顔を若く見せようと施術をしても、首に年齢が出ると言われていますよね。

顔が若々しくても首にシワがあったり、むくみやたるみがあると、実年齢がばれてしまうのです。

この首の凝りを放置すると、どんどん悪化して元に戻らなくなってしまうので、できるだけ早く解消することと、首が凝らない姿勢を心掛けなくてはいけません。

つい集中しすぎて何時間も同じ姿勢で生活してしまうことがありますよね?

しかし、時々首を回したり前後ろに倒すなど動かすことで、頭がすっきりする感じがします。

血流が改善している証拠なので、痛みを感じない程度に行うようにしましょう。

また、一日の終わえりには首のマッサージを行くことで、リンパの流れがスムーズになり、翌朝の顔にむくみが改善されるのでおすすめです。

目元のむくみを即効で解消

朝起きた時、目がむくんで不細工になっていることがあります。

すぐに出かけなくてはいけないのに、腫れた目ではメイクもうまくできません。

そんなときは、温かいタオルとアイスノンを用意し、交互に目に乗せることで血流が良くなりむくみが早く解消されます。

特に、前日泣いたなんて時はお岩さんのようになることがあります。

そうならないためには、涙を拭くときに注意してみてください。

ハンカチや手でこするのではなく、軽く抑えるか瞼に触れないようにします。

こうすることで、どんなに泣いても翌日の目元は腫れることがなく安心です。

コメント