食べても太らない、食べなくても太る人は何が違うの?

ご飯

痩せの大食いという言葉がありますが、どんなにたくさん食べてもまったく太らない人は本当に羨ましいですよね!

大食い王

できれば、好きなものを好きなだけ食べて楽しく生きていけたら・・・なんてことを考えることがあります。

お腹が空いたときにはカロリーや時間を考えずに、お腹いっぱい食べることができたら幸せですよね。

しかし、実際は食べても太らない人と同じ食生活をすると、あっという間に太ってしまい、元に戻すのが大変です。

年齢と共に太りやすく痩せにくくなるので、特に食べ物には神経質にならなくてはいけません。

このたくさん食べてもまったく太らない人と、少ししか食べていなくても太ってしまう人は、何が違うのでしょうか?

体質の違いが大きいようで、特にもともと持っている基礎代謝に秘密があります。

基礎代謝が高い人は、食べたものをすぐにエネルギーに変えることができますが、低い人はいつまでも体内にとどまり吸収してしまうのです。

また、たびたびテレビでも取り上げられる大食い王の人たちは、ものすごい量の食べ物を一気に食べます。

しかし、ほとんどの人が普通よりも痩せているうのが不思議ですよね?

彼らの体内では私たちとは違ったことが起こっているようで、ギャル曽根さんの胃はとにかくすごい勢いで消化し排泄する力があるため、栄養を吸収する前に外に出てしまっているそうです。

また、血糖値が上がりにくい体質なので、一気に食べても急激に血糖値が上昇することがないそうです。

基礎代謝にも大きく関わっている褐色脂肪細胞の働きが非常によく、常にエネルギーを消費しています。

褐色脂肪細胞は首の後ろや背中にたくさんあるので、ストレッチやヨガポールで刺激することで代謝を代謝を上げることができます。

そして、一番注目したいのが腸内環境です。

食べても太らないギャル曽根さんの腸内環境を調べてみると、善玉菌が一般の人の4倍もあるそうで、それが便秘を解消し基礎代謝を上げる効果もあります。

やはり、食べても太らないためには、腸内環境がとても大切なんですね!

 

基礎代謝を上げる簡単な方法

どんなに食べても太らないためには、基礎代謝を上げることが大切です。

そのためには、適度な運動と腸内環境を整えることが必要です、

運動し筋肉をつけることで、エネルギーを消費しやすくなるので、適度な筋トレはおすすめです。

特に下半身の筋肉を鍛えると基礎代謝アップには有効なので、スクワットやウォーキングなど無理のない程度で運動をすると動いていない時間でも、どんどんエネルギーが消費されるようになります。

大食い王の人たちのように驚異的な胃の消化スピードを手に入れることはできなので、よく噛んで血糖値が上がりにくいものから順に食べることで、太りにくくなります。

もともと、たくさん食べても太らない人は、生まれつき持った体質です。

しかし、その理由を知ると努力で近づくことはできるのかもしれません。

食べ物で基礎代謝アップ

唐辛子

毎日の食べ物の中で基礎代謝を上げるものを積極的に取り入れることも大切です。

主に体を温める効果があるものを意識すると、良いかもしれません。

例えば、生姜やカプサイシンを含む唐辛子、キムチ、ニンニク、ニンジン、かぼちゃ、にら。

疲れた時に食べると元気になるものを選ぶと、体がポカポカして代謝が上がります。

また、筋肉を作るアミノ酸もおすすめで、脂肪の少ないたんぱく質を意識し、鶏肉や豚肉、赤身などが良いでしょう。

アミノ酸が十分摂れていないと感じる場合は、サプリメントを取り入れると、忙しい人や栄養のバランス時に便利です。

基礎代謝は生まれつき決まっており、自分ではどうすることもできないと思い込んでいる人が多いようですが、適度な運動と食事で変えることができるのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る