夏に最適なダイエット

アイス ダイエットの基本

梅雨が明け本格的な夏が到来ですね。

今年の梅雨明けはとても早かったので体が暑さに慣れる前に強烈な暑さに体も悲鳴を上げています。

友人との会話は「こんなに暑くて食欲がないのに、なぜか痩せないよね・・」

確かに、いつもの食欲はなくなり冷たいものばかり欲しています。

食べる量もかなり減っているにも関わらず、なぜか減らない体重・・・

むしろ太ってしまう人も多いのではないでしょうか?

夏に太ってしまう原因はいくつかあります。

まず、外は暑いのですが体は意外と冷えていることです。

エアコンを一日中つけっぱなしで、ほとんど外に出ない、運動力が極端に減っている人もいるでしょう。

アイスやジュース、素麺など冷たい食べ物や飲み物を好んで食べてしまいます。

これでは、体の中が冷え冷えになることで内臓の働きが低下し、消化が悪くなってしまいます。

基礎代謝も低下するのであまり食べてないのに、なぜか痩せないという現象が起きてしまうのです。

また、ジュースやアイスは食べ物としてカウントしない人が多く、食べてないのに痩せないと思ってしまいますが、意外と砂糖や脂質の量が多くカロリーが高いので太ります。

夏はこの食べ物や飲み物を少し注意することで、痩せることが可能なのです。

食べないダイエットはNG

 


夏は食欲が落ちることを利用して、食べないダイエットをする人がいます。

これはとても危険なことなのです!

暑いと汗をかきますし、エネルギーの消費量が増えるのは当然ですが、だからと言って食べる量を極端に減らすと、夏バテや熱中症になってしまいます。

職場の人が「最近食欲がないから、ついでにダイエットしてるの!」と言っていましたが、その数日後熱中症で病院に運ばれてしまいました。

やはり、暑い夏を乗り切るためにはしっかり食べることが大切です!

カロリーを気にするのではなく、たんぱく質を多めに摂ることをおすすめします。

太るからと言って肉を控えて豆腐や豆だけでたんぱく質を摂る人がいますが、やはり肉は美容のためにも積極的に摂取すべき食品です。

油や肉を抜くと痩せるかもしれませんが、一気に老化が進んでしまい老人のようにシワシワになってしまいます。

食べて痩せるのが基本ですが、特に夏はパワーが出るお肉をたくさん食べましょう!

ご飯などの炭水化物はたくさん食べると太りますが、肉や魚は太りません。

野菜と一緒にたくさん食べると便秘解消や美容にも効果があり、最高のアンチエイジング食品と言えます。

夏のダイエットはしっかり肉を食べて、飲み物や冷たいものを摂り過ぎないことが大切です。

暑さを利用して効率的にダイエットしましょう!

 

 

コメント