生理前はなぜ太る?予防と対策

生理

生理前になるとむくみや過食に悩まされる人が多いのではないでしょうか?

せっかく順調にダイエットをしていたのに、この時期にリバウンドしたり全く痩せないなんてことも多いもの。

本気で痩せたい人は、生理前の自分の体をしっかりチェックし太らないように予防する必要があります。

そもそも、なぜ生理前には太りやすくなってしまうのでしょう?

何を食べても満足できず、暴飲暴食してしまうのはホルモンが影響しています。

生理は、妊娠する準備なのですが、そこで分泌されるホルモンが食欲を増進させる効果があるのです。

ですから、ある意味仕方がないことですが、毎月同じように太ってしまっては、永遠にダイエットは成功しません。

特に年齢とともに痩せにくくなるので、生理のたびに少しづつ体重が増え、今までは生理後に戻っていたのが戻らなくなってしまいます。

そうならないためには、どのような予防方法が効果的でしょうか?

生理前に太るのは、普段よりも食欲が出てしまうことと、むくみです。

むくみも、ホルモンの影響で体内に水分をためやすくしてしまうためで、生理が終わるとすっきりした体になります。

食欲を抑えるためには、自分の気持ちだけでコントロールしようとしても無駄です。

逆にストレスが溜まったしまい、一気に暴飲暴食なんてことにもなりかねません。

まずは、ホルモンの影響で食欲が増していることを理解し、食べるものに気を付けるようにしましょう。

たくさん食べても、カロリーの低いものはそれほど太りませんよね?

ですから、この時期だけはコンビニに売っている低糖質のお菓子や菓子パンを利用しても良いでしょう。

最近は低糖質ダイエットをする女性が多いので、コンビニだけではなくスーパーやファミレス、ラーメン屋さんなどでも低糖質のメニューがそろっています。

また、むくみには冷えが大敵なので、お風呂でマッサージしたりカリウムを多く含む食品を食べるようにすると効果的です。

また、塩分はむくみの原因になるので、特に夜は避けるようにしましょう。

生理後は絶好のダイエット期

豆乳

生理前や生理中は太りやすくて嫌になってしまいますが、生理後は一気に痩せる時期に突入です。

自分の気持ちも上がり気味なので、ダイエットを始めやすいのです。

せっかく頑張っても結果が出ないとやる気がなくなってしまいますよね?

ですから、ダイエットは始める時期が大切なのです。

最近話題を集めているのが、豆乳を飲むダイエットで、生理前に豆乳を続けるだけなのです。

豆乳は女性ホルモンと同じ性質がありますので、ホルモンバランスを整える意味でも女性にはお勧めの飲み物です。

もちろん、豆乳だけ飲んでいれば何をしても良いと言うわけではなく、やはり食べ物には注意が必要です。

生理後のダイエットに弾みをつける意味でも、その前に豆乳を飲んで痩せやすい状態にしておくのは、効率かもしれませんね。

生理前には過食が止まらない、むくむ人は食事の前に一杯の豆乳を飲んでみてください。

自然に食欲が抑えられ、食べる量を減らすことができますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る