ガリガリの女の子でも思春期にはふっくらするのはなぜ?

ダイエットの基本

子供の頃はガリガリで、親や周囲が心配するほどでしたが、思春期を境目にそれが嘘のように全く別人の体型になりました。

女性は生理が始まる頃になると、ホルモンの影響で女性らしい丸みを帯びた体つきになるものですが、その時期は大体小学校高学年から中学生くらいです。

なぜ、ふくよかになるのか?

幼児体型は卒業し、ウエストにくびれができ胸が膨らむ。

それだけなら女性らしい素敵な体と言えますが、子供と大人の中間と言ったなんとも言えない独特の体型になってしまうのですから、年頃の女の子には辛いものがあります。

テレビや雑誌では、細くて折れそうな華奢な芸能人やモデルさんが目立ちますし、最近は小中学生でもネットでブログやインスタグラムを見るので、ダイエットの情報も目に入ってしまうのです。

私が子供の頃は、子供がダイエットするなんて想像もできませんでしたが、今は小学生でもダイエットをする時代です。

情報を正しいのか間違っているのか判断する知識がまだ備わっていない子供が、溢れるほどの情報を鵜呑みにして摂食障害などにならないように気を付けなくてはなりません。

特に思春期の子供の心はとても複雑で、不安定なものですよね?

親が何かアドバイスしても聞く耳を持たない子も多いもの。

私もそうでした・・・友達の話がすべてで、親の話は聞きたくない!

なぜか、周囲の大人の言葉が自分のことを思って言ってくれているとは思えなかったのです。

思春期に太る理由

ダイエット

思春期の女の子は太りやすいと説明しましたが、私のダイエット人生のスタートはそのあたりからだったと思います。

思春期には女の子は10歳くらいから乳房が膨らみ、脂肪を蓄えやすくなります。

これは、女性ホルモンが優位になるため女性らしい体型、ふくよかで丸みを帯びた体型を作るからなのです。

このころから女性はお母さんになる準備が始まると言われています。

ホルモンの影響ですから、自分でどうにかコントロールできるものではありませんが、上手に付き合っていかないとどんどん太り肥満になる可能性があります。

この時期のホルモンはとてもデリケートで、まだまだ安定していないのが特徴です。

生理が始まったと思ったら数か月来なかったり、一か月に二回きたり、量が多かったリ少なかったリ・・・

気持ちの変化も大きく、気分が落ち込んだリイライラすることも多いものです。

また、異性を意識するようになるため、周囲の子との体型や顔の違いなどに敏感になり、何とかしたいと思う気持ちが間違った方向に行ってしまうことのしばしばです。

思春期のダイエット

思春期は、どうしても太りやすく食欲旺盛になります。

しかし、これは決して悪いことではなく、誰でも通る道なのです。

だからと言って好きなものを好きなだけ食べてしまうと、肥満に陥る可能性が高いので注意しなくてはならない時期でもあります。

女の子は、どうしてもダイエットを考えがちですが、思春期のダイエットはとても危険です!

ホルモンのバランスが整っていない時期にダイエットをすると、子宮や卵巣が成熟せず将来不妊などの原因になる可能性があります。

生理が止まってしまうと、治療が必要になり精神的な負担にもなるのです。

また、まだまだ肉体的、身体的に成長過程なのに十分な栄養が摂れないと、健康な体を作ることができないかもしれません。

思春期は、運動でカロリーを消費することが何よりも大切で、摂取カロリーが消費カロリーを上回らなければ、肥満に陥ることはないので、しっかり食べて動くことが一番です。

コメント