妊娠中のダイエットは危険!上手に体重管理する方法

女性にとって妊娠中の体重管理は、その後の自分の体型にも大きく影響を与えるため、神経質になってしまうものす。

昔は赤ちゃんの分も食べなくてはいけないと言われ、二人分の食事を摂っていた妊婦さんも多かったようです。

妊娠中はお腹が空くため二人分食べるのは難しくはないはずです。

その結果、妊娠を機に体型が変化しいかにも「肝っ玉かーちゃん」と言った感じのお母さんが多かったようです。

毎日たっぷりご飯を食べて、体を動かさずにいると当然太ってしまいますよね?

それが当たり前で、健康な子供を産むために必要なことだと思われてきましたが、最近では妊娠中の体重の増加は難産や妊娠中毒症、糖尿病につながると分かってきたのです。

そのため、検診時には必ず体重を量りあまりにも体重の増加が激しいと、医師や助産師さんから指導されるようになりました。

出産経験がある人は分かると思いますが、毎回検診時に体重計に乗るのが本当に恐怖で、できればごまかしたいと思う時です。

芸能人もそんな厳しい体重管理をブログにアップすることが多く、妊娠中もきれいなのアピールに一般の私たちは危機感を感じてしまいます。

そんなこともあり、妊娠中に太らないように気を付けすぎてダイエットまでしてしまう人がいます。

妊娠中のダイエットはとても危険で、母体だけではなく子供の栄養まで不足する可能性があるため、絶対やってはいけないことなのです。

 

妊娠中の体重管理

妊娠中は体重が増えるのは当たり前で、8キロから10キロは誰でも増えます。

しかし、なかには20キロ以上太ってしまい、産道が狭くなったり子供に栄養が行き過ぎて巨大児が生まれるケースもあります。

どちらも難産になるため、母体だけではなく赤ちゃんにも危険が及ぶ可能性があるのです。

血圧が高くなったり血糖値が高くなることも危険で、このようなことが原因で妊娠後期には入院管理が必要になったり、普通分娩ができずに帝王切開になる可能性もあります。

そうならないために体重管理はとても大切なのですが、やり過ぎるのも危険です。

体重が増えなすぎると逆に赤ちゃんの体重が増えず、低体重児や発達に影響が出ることもあるため、最近では厳しい体重管理はしない病院も増えているようです。

妊娠中の体重管理はとても難しく、いつもとは味覚が変わったり、どうしても食べたいという衝動を抑えられないことも多々あります。

妊娠初期はつわりがあり逆に体重が減る人も多いようですが、食べづわりと言って何か食べていないと気持ちが悪くなるタイプは要注意です。

できるだけカロリーが少ないものを食べるように気を付け、量は減らせなくてもカロリーと質に注意できれば大丈夫です。

毎日体重計とにらめっこするのもストレスがためるので、適度な運動とバランスの良い食生活、自分が食べたもので赤ちゃんが育つと考えとおのずと何が必要か分かるはずです。

 

産後のダイエットは最初が肝心

骨盤

産後は、一気に体重が減る人もいれば、全く減らない人逆に増える人がいます。

しかし、産後は最初が一番肝心で妊娠前以上にきれいになれる可能性を秘めた時期でもあるのです!

なぜなら赤ちゃんが母乳を飲んでくれるので食べても体重が増えにくいですし、普段は全く動かない骨盤が柔らかくなっているので移動しやすいのです。

骨盤をしっかり締めることで内臓が元の位置に戻り、大きなお尻やポッコリお腹を解消することができるます。

ですから、産後の骨盤ベルトを使ってきれいなスタイルを手に入れましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る