3キロ痩せるのは意外と簡単!でもそれ以上は・・・

ダイエット

女性にとってダイエットとは、一生付きまとう面倒なものかもしれません。

太っていても幸せそうに暮らしている人はたくさんいますし、外国では太っている女性の方が魅力的なモテるなんて羨ましい国もあるくらいです。

日本ではいつから痩せていることが美しい女性の条件になってしまったのでしょうか?

もし、そんな考え方が根付いていなければ、私たちは今頃、好きなものをすくなだけ食べてストレスを感じずにブクブク太っていたでしょう。

寝る前にカップラーメンやケーキ、チキンを罪悪感を全く感じずに食べるなんて、想像しただけで幸せな気分になります。

しかし、私たちはやはりそんな生活を選ぶわけにはいかず、日々数キロどころか数百グラムの体重の増加にさえ怯えながら生活しているのです。

そのダイエット方法は本当にたくさんあり、全部上げると数百、数千もあるのではないでしょうか?

昔から流行りのダイエットが存在し、多くの人が試してみますが、結果は・・・

3キロまでは何とか痩せることはできるのですが、それ以上痩せるのがとても大変で、その前に挫折し元の生活に戻りリバウンドを繰り返すことになります。

痩せるのはとても大変なのに、太るのは一瞬なんですよね?

リバウンド選手権があれば、優勝できる自信がある人が多いはずです。

以前、雑誌の記事で読んだ言葉ですが「ダイエットとは一生続けるものである」確かに、私たちは目先の数字だけにとらわれて太った痩せたと騒いでいますが、実際はその方法が自分に合っているのか、一生続けることができるのかが重要なのです。

ですから、単品ダイエットのような誰が見ても栄養バランスの偏った方法では一生続けるのは無理で、数週間、数か月痩せるだけで全く意味のないことではないでしょうか?

目標体重に達した途端に過酷なダイエットを止めてしまう、停滞期に入ったから元の生活に戻るのは、無駄な時間と労力、そしてリバウンドしやすく痩せにくい体を自ら作っているのです。

本当に痩せたければ、短期間で一気に体重を落とすのではなく、一生続けれる緩い方法を見つけるのことが大切です。

一気に痩せると、どうしても停滞期がやってきて、続ける気力がなくなってしまいます。

しかし、緩やかに少しづつ痩せると停滞期を感じることもなく、気が付いたら健康で理想的な体系を手に入れられるのです。

 

停滞期の乗り越え方

痩せる

ダイエットをしたことがある人ならば、誰でも経験したことがある停滞期。

3キロ順調に減ったに、それ以降全く減らなくなってしまった・・・

よくあることですが、この時期はどのようなことに注意して過ごしたらいいのでしょうか?

まず、一番大切なことは一気に体重を落としすぎないことで、体はとてもよくできていて、せっかくカロリーの少ない食べ物で我慢して体重を減らしているのに、ちゃんと慣れてくれます。

生命を維持するために、そのカロリーでエネルギーの消費を最小限に抑える働きをし始めるため、停滞期があると言われています。

体が危険だと判断しエネルギーの消費を抑えるのでしょう。

多くの人は、このままダイエットを諦めてしまうため、エネルギーの消費量が少ない体のまま今までの食事や生活に戻っているのです。

それが、以前よりも痩せにくくなるリバウンドへとつながっているのです。

この停滞期は人それぞれ期間が異なりますが、数週間続く人もいます。

しかし、そのまま諦めずに続けることで、またスルスルと体重が減るので心配する必要はありません。

自分で「今は停滞期だから我慢する時期、ここを乗り越ええるとまた痩せる」と言い聞かせることで、挫折せずに理想的な体を手に入れることができるのです。

先にも言いましたが、ダイエットは一生続けなくては意味がありません。

無理のない方法で、ゆっくり行いましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る