夏に痩せる人と太る人の違いは?

暑い

私は夏になるとムクムク太りだします。

しかし、友達は夏限定でほっそりします。

同じような生活をしており、年齢も体系もほぼ同じ・・・それなの夏だけ痩せる彼女が本当に羨ましいです。

他にも、夏になると痩せてしまうと言う人は多く、母も痩せたくないのにどんどん痩せてしまって困ると言っています。

そんなセリフ一度で良いから言ってみたいものです。

それでは、夏に痩せる人と太る人は何が違うのでしょう?

やはり一番大きいのは食事内容や量です。

夏や暑さに弱い人は、食欲が落ちてしまい、食べたとしてもさっぱりしたものを好んで食べるそうです。

一方、私のように夏に太ってしまう人は、スタミナをつけなくてはいけないと思いすぎ、カロリーの多いものを好んで食べ、しかも消費しているからと安心してたくさん食べてしまうのです。

また、熱中症予防に麦茶ではなくスポーツドリンクを飲み、帰宅後はアイスを食べてのが日課です。

必要以上にカロリーと糖質を摂取している特徴があります。

職場の友人にお昼何食べているの?と質問したところ、「疲れちゃって用意するのが面倒なんだよね・・・何もなければ食べないかな」と言っていました。

私は、毎日その日のお昼に何を食べるのかを考えながら生きているので、かなり衝撃的な言葉でした。

もちろん、基礎代謝にも違いがあり、夏痩せやすい人は汗がどんどん出ていかにも代謝が良いかんじがしますが、私のように代謝が悪い人は暑くても汗が出ず、飲み物はたくさん飲んでいるので、むくみが半端ないのです。

夏ってむくみますよね?

むくみのないすっきりした体を手に入れるんはどうしたらいいのでしょうか・・

夏におすすめダイエット

スイカ

夏は肌を露出する機会が多くなるので、もっと前からダイエットをしておけばよかったと後悔してしまいます。

でも、夏になってからの方が痩せやすいのをご存知でしょうか?

食欲が落ちることもありますが、温度が上がり体温も高めになるので、冬に比べてカロリーを燃焼しやすいのです。

ですから、ちょっと食べ物に注意したり、適度な運動を取り入れるだけで簡単に痩せることが可能なのです。

とは言っても暑い日は、しっかり食事を摂らないと元気に過ごすことができません。

ですから、朝と昼はしっかり食べて夜のメニューを工夫するのがおすすめです。

無理なダイエットは熱中症などの原因にもなるので、全く食べなかったり極端に減らすのはおすすめできません。

夜は食事を抜いても寝るだけなので、さほど影響はありませんし、朝胃の中が軽いので朝食をしっかり食べることができるのです。

低糖質ダイエットなども痩せると言われていますが、完璧にやろうとして炭水化物や糖質をすべて抜いてしまうと、日中の暑さにやられてしまい病院送りなんてことになりかねません。

何かを抜いたり、それだけを食べるようなダイエットは夏には向かないので、栄養バランスを考え肉も魚も野菜もご飯もしっかり美味しくいただきましょう。

また、夏には急なイベントが入ることがありますよね?

例えば、急に海やプールに行くことになったり、旅行やデートなど楽しいことがたくさんあります。

そんな時は、短期間で痩せなくてはなりません。

夏の短期間ダイエットとしておすすめなのが断食です。

数日間何もしない日を作れる人に限られますが、1.2日酵素ドリンクなどを使って断食することで、体内の不要物が排出され代謝が上がります。

その後、少し食事に気を付けるだけで簡単に痩せることができるので、どうしても早く痩せなくてはならない人はお試しください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る