標準体重と理想体重とは?

肥満

巷では新しいダイエット方法ができては消えを繰り返しています。

これだけたくさんのダイエット方法がある中、痩せられずに次から次へと新しい方法を試しているのは、やはり「誰でも・簡単に・必ず痩せる」そんな方法は存在しない証拠なのかもしれません。

太るのは本当に簡単なのに、痩せるのはとても難しいのです・・・

だから、最初は強く大きかった痩せたいという気持ちが徐々に弱く小さくなってしまうのでしょう。

こんな辛い思いをするくらいならば、痩せなくてもいいかな・・・そんな弱い自分が勝ってしまうのです。

しかし、このように葛藤している人の多くは本当は痩せる必要がない場合がほとんどらしいのです。

痩せる必要のない人=標準体型なのですが、実はこの標準体型は意外と重く、すでに自分は平均体重(標準)で健康的な体系をしているのです。

それに気づかずにモデルのような理想的な体重を求めて、日々食欲と闘っているのかもしれません。

このようなことを考えると、女性は細くなくてはいけないという勝手な考えが間違ったダイエットを作っている気がします。

もし、自分が平均的な体系で健康体ならば、それが何よりも良いことで痩せる必要はないのです。

それなのに、3食しっかり食べてしまうことが悪のようで、たまのスイーツさえも悪に見えてしまうなんて、人生存している気がしませんか?

 

身長155センチの標準体重と理想体重

体重計

身長が高い人は低い人に比べて体重が重いのは当たり前です。

太っているか痩せているのかは、標準体重の範囲に入っているかそうではないかできますのです。

標準体重よりも重い人は太っていますし、それよりも軽い人は痩せている。

本当はとても単純ことなのですが、それを無視して理想的な体系、体重に執着している人が多いのかもしれませんね。

それでは身長155センチの標準体重はどれくらいなのでしょう?

標準体重はBMIを使って出すことができます。

BIMは体重÷(身長m×身長m)なので、逆算すると身長×身長×22(BIM)になります。

1.55×1.55×22=52.9

なので身長155センチの女性の標準体重は52.9キロと言うことになります。

いかがですか?これって、結構ぽっちゃりだと思いませんか?

本当は、一番病気になるにくく健康的な体重なのですが、見た目は意外とがっちりした感じになるので、理想的な体重は22ではなく20をかける方法があるそうです。

そうなると、1.55×1.55×20=48となるので、身長155センチの女性は48キロが理想的できれいに見える体系です。

とは言っても、人それぞれ骨格や筋肉量が違うので、同じ体重でも見た目が全く違うことが多々あります。

数字だけに頼るのではなく、見た目にメリハリがある体系が一番素敵なのではないでしょうか?

若い女性は、モデルさんのような体型、体重にあこれる傾向がありますが、一般の人が無理にそれに近づこうとしても無理があります。

健康を害してまで得る物は何でしょう?

ありきたりな言葉ですが、栄養バランスを考えた食事を3食しっかり食べ、適度な運動と健康を守ることが何よりも大切で、肉体的、精神的にもバランスの取れた状態です。

もちろん、標準体重を大幅に超えている人はダイエットをするべきですが、それ以外の人は食事と生活習慣を少し見直すだけで健康的な体を維持できるのです。

辛く苦しいダイエットは続きませんし、生活が楽しくありませんよね?

ダイエットは自分が一生続けられる方法のかを考えて始めることが大切なんです。

それが自分に合った方法だとなんでしょうね。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る