オイルケアで肌が黒ずむ危険性

オイルケア

最近はオイルを食品だけではなくスキンケアに取り入れるのが人気です。

スキンケア用に作られてものだけではなく、オリーブオイルやココナッツオイルなど食品をそのまま肌に塗ることも多いようです。

少し前まではオイルを肌に塗ること自体NGだと思われていました。

なぜなら、油焼けという言葉があるように、オイルを肌に塗った状態で紫外線を浴びてしまうと、その部分が日焼けしたり黒ずんでしまうからです。
しかし、美容家や芸能人がオイルを使ったケア方法を紹介すると、あっという間に広まってしまい、その危険性については誰も疑うことをしないのです。

確かにオイルを肌に塗るとしっとり艶やかになりますが、本当に肌に害はないのでしょうか?
実は、全てのオイルがスキンケアに適しているわけではありません。

肌にとても良いと言われているオイルでも、朝塗ってしまうと日焼けや黒ずみの原因になるので、使い分けが必要です。
日中塗ってはいけないオイルは、馬油、ローズウッドオイル、グレープシードオイルなどです。

驚くべきことに、馬油も日焼けや黒ずみの原因になるので、夜のお手入れにしか使えないのです!

逆にココナッツオイルやホホバオイルは日中使っても心配ないと言われています。
このように、オイルでお種類によって日中のお手入れには使えないものがあるので、しっかり見極めることが大切です。

また、同じオイルでも純度が高いものほど日焼けや黒ずみができにくいのです。

ココナッツオイル

日中使ってはいけないオイルを使うとどうなる?

オイルは使い方を間違えると肌の黒ずみの原因になってしまいます。

オイルケアは肌を健やかに保ち、本来の美しさを取り戻すと考えている人が多いようです。

人工的に作られた化学合成成分たっぷりのケア用品よりも、ナチュラルでおしゃれな印象を与えるのかもしれません。

しかし、それを信じて使い続けることによって、ある日突然肌が黒ずんでいることに気づくのです。

これは、日中使ってはいけないオイルを塗ったまま紫外線を浴びていることによるもので、油焼けのような状態です。
例えば、美容家がすすめる馬油を全身のスキンケアに利用している人は多いと思います。

馬の油は人間の皮脂と似ているため、敏感肌の人でも安心して使えると言われています。

確かに馬油自体はとても優秀なのですが、日中塗ると日焼けや黒ずみの原因になることを知らない人が多すぎます。
馬油のレビューをみてみると、そのスキンケア効果に大満足する声がある一方、なんだか黒ずんできた、肌が焼けてしまったという声も目立ちます。

まさか、馬油は日中使ってはいけないものだと思っている人は少ないようで、逆に日焼け止め効果があると言い張っている人もいるくらいです。

馬油をスキンケアに使う場合は、夜のみにして日中はホホバオイルかココナッツオイルにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

馬油100 70ml バーユ 馬油
価格:802円(税込、送料別) (2017/1/25時点)

オイルを使った黒ずみケア

ここまでオイルを使ったスキンケアの危険性をお話してきましたが、全てのものが悪影響を及ぼすわけではありません。

例えば、夜は馬油で保湿重視のスキンケアを行い、朝はベタつきが少なく油焼けのないホホバオイルを使うなどの使い分けが大切です。

その特徴を理解し、上手に使うことで黒ずみケアもできるのです。
最近人気のオイルを使った黒ずみケアがあります。

鼻の毛穴の黒ずみを綿棒とオイルを使ってきれいにする方法です。

洗顔後、綿棒にたっぷりのオイルをつけて小鼻など、毛穴の黒ずみが気になる部分をクルクルとマッサージします。

驚くほど角栓が取れきれいになります。
また、気になる黒ずみにホホバオイルやココナッツオイルを塗ることで、角質が正常に剥がれ落ちるようになります。

ターンオーバーが滞ることで生じる黒ずみに効果的です。
オイルを上手に利用して、きれいな肌を手に入れましょう。

専門的な黒ずみケアをお探しの方はこちらもどうぞ=http://xn--n8jvbb7hu312ar1itm2g.com/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

ページ上部へ戻る