肥満は遺伝?遺伝子検査キットで危険性が分かるのか?

キット

両親が太っている家庭では、子供も肥満になる傾向があるそうです。

確かに、親のどりからと体質や体系、肌質が似ていることは誰でも感じることで、肥満遺伝子があるならば子供に遺伝しても不思議ではありません。

もし、自分が親から将来肥満になる遺伝子を引き継いでいるとしたら、早めに自覚することで気を付けることができるのかもしれません。

検査

 

とは言っても、太る太らないは自分の生活習慣や食生活次第で何とか防ぐことができますし、人よりも太りやすいと自覚することで気を緩めずに生活できるのかもしれません。

肥満に遺伝的要素がある、ないは、昔から言われてきたことですが、専門家が長くことのことを否定してきたようです。

私も、昔観たダイエット番組で、親からの肥満遺伝はないと専門家が断言していました。

ですから自分の親が多少太っていても、それは暴飲暴食をした結果で自分は今まで通りスリムなまま生きていけると思っていました。

その専門家は、両親が太っている家庭の子供は、親が出す太りやすい食事で育つため当然肥満傾向にありますし、将来もそれを好んで食べるために太ってしまうと言っていました。

確かに、特に母親が太っている場合は、その人が作る食事を毎日食べるわけで、子供も揚げ物や甘いものを好むようになるのは当然かもしれません。

小さいころにそのような習慣がついてしまうと、いざ食生活を見直そうと思ってもなかなか改善できませんよね?

毎日、ステーキや焼き肉、唐揚げを食べていた人が、急に焼き魚や煮物などの和食中心の食生活に変えることは難しいのです。

よっぽど病気をしたり医師に指導されない限り、無理かもしれません。

このような、親が作る食事が原因で子供が太ってだけで、肥満が遺伝するわけではないと言うのが以前の考え方だったようです。

しかし、最近は遺伝子を検査することで様々な病気や体質を知ることができ、親からの遺伝で肥満になることが分かってきたのです。

 

遺伝子検査キットとは?

友達と同じものを食べているのに、自分だけが太ってしまう。

運動も食生活も気を付けているのに、なぜか全然痩せない・・・

そんな悩みを持っている人は、もしかしたら遺伝子を調べてことで正しいダイエット方法が分かるかもしれません。

食生活や運動などダイエットには欠かせないことを誰もが同じようにこなしても、結果が同じとは限らないのです!

なぜなら、自分が太る原因は体質に問題がある可能性が高いからです。

例えば、糖質を摂取することで太るタイプや、脂っこいもので太るタイプ、筋肉がつきにくく基礎代謝が低いタイプ。

様々な太り方や注意したい食べ物が違うため、それを知るだけで効率的にダイエットすることができるのです。

もし自分が糖質を燃焼しにくいと分かった場合は、糖分を多く含んだケーキやお菓子、炭水化物を控えることで痩せやすい体になりますし、脂っこいもので太る場合は揚げ物やお肉の脂身を控えることで痩せることができます。

逆に、それ以外はそれほど気を付けなくても大丈夫だと分かります。

この遺伝子検査は、親と同じ遺伝子を持っていることが分かるので、自分が調べることで家族にも注意するように伝えることができます。

しかし、注意しなくてはならないのが、自分が太りやすいと分かった食べ物を極端に減らすと、健康に悪影響なので全く食べないのではなく減らす、食べ過ぎないようにする小尾が大切です。

この検査することで、体が影響を受けやすい食べ物も分かるので健康維持にも役立つのではないでしょうか?

 

肥満遺伝子検査キットの使い方

自分が何を食べると太りやすいのかを知ることで、無理のない効率的なダイエットができますよね?

私も、食生活は気を付けているにも関わらず、なぜどんどん太ってしまうのか、気になっているのです・・・

そこで、どこで肥満遺伝子検査ができるのか調べてみました!

すると驚くことにネットで郵送による検査ができるとのこと。

しかも、あのDHCでも肥満遺伝子検査ができるではないですか~

費用は約5000円から10000円程度で、DHCは5000円でした。

やり方はとても簡単で、キットに入っている綿棒で自分の口の中の粘膜をこすり、書類を記入して送り返すだけです。

後日、結果が郵送されるので、それに従って食生活を見直すだけです。

DHCではダイエットサプリも充実しているので、遺伝子に合ったものをアドバイスしてもらえ、自分に合った成分がすぐに分かるようになっています。

さすが、商売上手ですね!

このように、とても簡単な方法で自分の肥満遺伝子を知ることができ、健康維持やダイエットに役立てることができます。

もちろん、太りやすい遺伝子を持っていない人や、今は痩せているけれどこれから気を付けなくてはいけない人もいますが、知っておくだけで食生活の注意点が分かり意識できますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

ページ上部へ戻る