摂食障害はとても危険な病気

過食症 拒食症 ダイエットの危険性

一番簡単なダイエット方法といえば…食べないことかなって思います。

やっぱり食べないと痩せるし、食事の量をどんどん減らしていけば空腹にも耐えられる。

でも怖いのが摂食障害なんですよね…。

痩せたいけれども摂食障害にはなりたくない。

私の身近に摂食障害の人はいない…と思います。

でもドラマや漫画でたまに見かけますし、芸能人は摂食障害の人もいるって聞いた事があります。

摂食障害

★摂食障害とは?

そもそも摂食障害とはいったい?

さまざまな症状があるみたいですが、食事をほとんど食べることができなくなってしまう「拒食症」や極端に食事をとってしまう「過食症」が摂食障害に分類されるそうです。

拒食症は、低カロリーのものしか食べなかったり、食事量が極端に減るのが主な症状。

女性の場合や痩せすぎて、子供を産めない体になってしまうこともあるみたい…。

過食症は一度食べるとやめられない症状のことをいいます。

食べ過ぎて、吐いてを繰り返すのは過食症の中でも過食嘔吐に分類されます。

食べ過ぎてしまうけど痩せたいから吐いてしまう。とても怖い症状ですよね。

過食症、拒食症、どちらにもいえるのがダイエットの為っていうこと。

もちろんダイエット以外が原因で摂食障害になってしまう人もいますが、最近の女性はダイエットのせいで摂食障害になる人が多いんだとか…。

ストレスが原因になる場合もあるみたいです。

★摂食障害は危険!

摂食障害に一度なると癖になってしまう。

継続すると、どんどん心も体も病んでいって、酷い場合は死に至る可能性もあるんだとか。

特に拒食症が怖いらしいです。

過度の低体重は栄養が足りず、低血糖や電解質異常、不整脈や感染症になりやすくなってしまうらしいです。

また、摂食障害になると精神的にも影響が出てくるらしいです。

アルコール依存所になったり、躁鬱、ヒステリー、人格障害等の精神疾患との合併症も多いみたいですね。

痩せるために食べない生活を続けていたらいつの間にか摂食障害に…なんていうことも珍しくはありません。

★摂食障害の診断方法

摂食障害の診断方法は、拒食症と過食症によって違います。

拒食症の場合は毎日の体重の増減に喜んだり、低カロリー食品ばかりたべていたり、立ちくらみやめまいが多い人が該当するんだとか。

過食症は食べ物のことばかり考えていたり、ストレス解消につい食べ過ぎてしまったり、自己評価が低い人が該当するみたい。

幸い私はどちらも違いましたが、いくつか当てはまる部分はありました…。

今現在は大丈夫ですが、将来的に摂食障害になる可能性が全くないとは言い切れないので怖いですよね。

★摂食障害になりやすい性格

摂食障害って、なりやすい性格もあるみたい。

他人の評価を気にし過ぎる人やノーとなかなか言えない人、自分に自信がない人は、特に摂食障害になりやすいんだとか。

最近はストレスが原因で摂食障害になる人も増えていて、そんな人は主な原因が職場や家庭環境らしいですね。
そしてダイエット。

摂食障害は9割以上の人が女性だといわれています。

その大きな原因は、やっぱりダイエットなんでしょうね…。

ダイエットをしていたら摂食障害に…っていうことも珍しくはない。

確かに食べないと痩せるってことがわかると食べなくなっちゃうし、どんどん痩せると嬉しいですよね。

摂食障害になると、どこまで痩せても太っている気がして、どんどん体重が減ってしまうみたい。

確かに体重が減るのは嬉しいですが、自分の平均体重を見極めて、健康的に痩せなきゃなって思いました。
細ければ細い程良い!って考えが多い現代ですが、ある程度は健康的な体型でいたい。

痩せすぎると不健康だし、摂食障害になってまでダイエットをするのは良くないですよね…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

ページ上部へ戻る