流行りの糖質制限ダイエットの効果は?

炭水化物

糖質を制限することで、短期間で大幅な減量ができると言われている糖質制限ダイエット。

多くの本が出ており、実際に試した人も多いのではないでしょうか?

私自信、何度かこの糖質制限ダイエットのチャレンジしています。

何度か?と思われるはずですが、このダイエットは私にとってどうしても痩せなくてはならない時の、駆け込み寺のようなもので長く続けるまでには至っていないのです。

糖質制限ダイエットと炭水化物ダイエットはほとんど同じですが、糖質制限に関してはあらゆる糖質を制限するわけで、炭水化物抜きのように「ごはん、麺、パン」を抜くシンプルはありません。

本格的に行うとなるとかなりの知識と忍耐が必要なダイエットと言えます。

糖質制限ダイエットは、糖尿病などでカロリーや糖質を制限しないと危険な人には最適な方法ですが、健康な人には少し難しいのです。

ですから、私はすべての糖質をカットするのではなく、炭水化物と極端に甘いものを避けるだけの、なんちゃって糖質制限ダイエットです。

それでも毎日甘いものと炭水化物に囲まれて生活している私にとっては過酷なもので、正直慣れるまではストレスが溜まります。

しかし、最近はこの糖質制限ダイエットに人気によって、コンビニや外食先でも「糖質カット」「低糖質」を謳ったメニューが増えたので、美味しく食べながらダイエットができるようになりました。

糖質制限の昼食

炭水化物糖質制限ダイエットで一番頭を悩ませるのは、お昼に何を食べるかではないでしょうか?

朝はそれほど食欲がない人が多いので、バナナやヨーグルトなど炭水化物を抜いても大丈夫ですが、一番お腹が空く昼食はしっかり食べたいですよね?

家で昼食をとる時は、前日の残りのおかずやスープ、みそ汁、自分だけステーキなんて日もあります。

卵や豆腐などでたんぱく質をしっかり摂るようにして筋肉量がなるべく落ちないように気を付けています。

いくら痩せてもガリガリでは嫌ですからね。

外食の時は、ランチメニューのごはんやパンを抜いたものに、サラダやスープをプラス。

ロカボメニューがあるお店では、安心して好きなものを食べます。

コンビニランチの時は、ローソンの低糖質パンシリーズがおすすめで、チーズ蒸しパンやクリームチーズ&ダブルベリーパンなど、本当に低糖質なのか疑いたくなる美味しいパンがあります。

この時ばかりは大好きなパンを思い切り食べています。

他にも、唐揚げや餃子、フライなども適量ならOKにして、「低糖質ダイエットは食べるものがない!」なんてことにならないようにしています。

長く続けるコツ

ここ数週間、また低糖質ダイエットを再開したのですが、今回は長く続けられるように工夫しています。

まずは、短期間で痩せる目標を持たずに、数か月で3キロ程度痩せたら良いと思っています。

そんな私の一日の食事内容です。

・朝・・ヨーグルト、バナナ、コーヒー

・昼・・サラダ、低糖質パン、鳥ハム

・夜・・刺身、みそ汁、温野菜、コロッケ

おやつに糖質オフのチョコレートやチーズを食べているので、空腹になることはありません。

土日は家族で外食もしますし、アイスも食べています。

それでも、1週間で1.5キロ体重が減ったので、このくらいのペースが自分には合っているのだと思います。

よく言われる言葉ですが、ダイエットをイベントにしてはいけない、一生続けられる方法こそが真のダイエットですね。

自分についている無駄なぜい肉が少しずつなくなっていくと、自分の体が何を求めているのかが分かるようになります。

ちょっと疲れているからたんぱく質を多めに摂ろうなど、体調に合わせた食事ができるようになると、痩せるためではなく健康を維持するためのダイエットができそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

ページ上部へ戻る