綿棒とオイルを使った簡単な毛穴ケア方法とは?

毛穴ケア

鼻の毛穴に汚れや皮脂が詰まると、とても気になりますよね?

これは普段メイクをする女性だけではなく、男性でもなんとかしたいと思っている人が多いようです。

そんな人のために一つ家にあるものだけで簡単に角栓を取り除くことができる、ケア方法をご紹介したいと思います。
用意するのはあまり固くない綿棒と、オイルだけです。

オイルはスキンケア用でもオリーブオイル、ココナッツオイルでもOKなので、自宅にあるものを使います。

普段通り洗顔をし、たっぷりオイルを染み込ませた綿棒で角栓が気になる部分を優しくマッサージします。

ココナッツオイル
角栓を取り除きたいために力を入れそうになりますが、肌にダメージを与えてしまうので、優しくクルクルが鉄則です。

しばらくすると詰まっていた角栓が浮き出るように外に出てくるので、そうなったら完了です。

オイルを洗い流しスキンケアをしましょう。
面白いくらい簡単にしかもたくさん角栓が出てくるので、毎日やりたくなりますが、肌へのダメージを考えると週に1回程度が良いでしょう。

脂には油が最適と言われていますが、まさにその通りで無理やり爪で押し出さなくても、芯から角栓が取れるので肌への負担も最小限に抑えられるのです。

 

実際にやってみるとどう?

自宅にあるものだけで簡単に毛穴ケアができるので、この綿棒とオイルを使ったスキンケア方法は多くの人が試したことがあるようです。

筆者も毛穴の汚れに悩む一人ですが、この方法を初めて知った時、正直「こんな簡単に頑固な角栓が取れるはずはない」と思っていました。

しかし、実際に試してみると評判通りの結果。

本当にポロポロと角栓が取れたのです。
最初は普段スキンケアに使用しているホホバオイルを使っていましたが、これでは粘度ががなくサラサラすぎるので、オリーブオイルにチェンジ。

少しベタつきがあるオイルの方がこのスキンケアには合っているようで、綿棒と肌の摩擦を最小限にする効果も期待できます。

基本的にはどの肌に使える物ならば、どのオイルでも大丈夫ですが、ベビーオイルやオリーブオイルを使っている人が多いようです。
また、綿棒は綿の部分が固いと肌を傷つけてしまうので、100均などの安いものの方が柔らかくオイルも染み込みやすいのでおすすめです。

綿棒 毛穴

綿棒で角栓を押し出すのではなく、優しくオイルを浸透させて浮かせるイメージで行うと、徐々に角栓が取れてきます。

あまりやり過ぎると肌が赤くなってしまうので、力の入れすぎと時間には注意が必要です。
実際にやってみると、今で詰まっていた角栓がすっきと取れて驚きます。

しかし、すぐにまた新しい角栓ができてしまうので、定期的なケアは必要なようです。

 

注意点とその後のケア

初めてこの綿棒とオイルの毛穴ケアを行ったとき、面白いように角栓がとれるので、つい時間を忘れてクルクルマッサージし続けてしまいました。

その結果、鼻の頭が赤くなりさらに皮まで剥けてしまったのです。

同じ失敗をしている人が多いようなので、やり過ぎにはくれぐれも注意が必要です。
また、オイルをたっぷり使っているので、日焼けや肌トラブルを避けるためにも、マッサージ後には洗顔が必要です。

実際にやってみると分かりますが、角栓が根っこから取れても毛穴はそのまま開いています。

角栓が大きければ大きいほど毛穴の開きも大きく、目立ってしまうので毛穴を小さくするスキンケアが必要です。

毛穴 洗顔
毛穴をきれいにするには、当然角栓や汚れを取り除くことが必要ですが、それだけでは完ぺきではありません。

開いた毛穴にはまたすぐに汚れや皮脂が溜まり、それが角栓になって復活してしまうからです。

このケア方法で全ての角栓を取り除いたつもりでいても、なぜか毛穴が目立つ・・それは毛穴が開いている証拠です。
開いた毛穴を引き締める効果があるスキンケアを同時に取り入れないと、この効果的な方法も意味がありません。

毛穴の奥から汚れを落とし、新しい汚れが入る前に毛穴を引き締めることで、つるんとした陶器肌を手に入れることができるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

ページ上部へ戻る