目元がたるむ原因と効果的なケア製品

目元

年齢とともに目元がたるんできたと感じるのは、ある意味自然なことかもしれません。

目元にかかわらず肌の衰えを感じる30代になると、当然目元の皮膚もハリや弾力を失い垂れ下がってしまいます。

目元がたるんでしまうと目が小さく見える様になり、アイメイクののりも悪くなったと感じます。

CMでもおなじみの「最近アイラインがかきにくくなったと思いませんか?」というのは、目元のたるみによる典型的な症状でハリがなくなった証拠です。

今までスルスルかけていたアイラインが皮膚に引っかかるようになり、真っ直ぐな線がかけなくなるので、ギザギザな線や途中で途切れた線になってしまうのです。

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、風船を思い浮かべてみてください。

風船が膨らんだ状態だとペンでラインがかきやすいですよね?しかし、しぼみ始めた風船にはかきにくくいのです。
この目元がたるむ原因は年齢だけではなく、アイメイクのし過ぎということも関係します。

元々目元の皮膚はとても薄くデリケートなのですが、そこにマスカラやつけまつ毛などを日常的に使っていると、当然も元の皮膚は引っ張られ伸びた状態になります。

アイプチなどで強制的に二重を作っている人も、常に糊で瞼が刺激を受け肌にとってはとても負担になっているはずです。

また、濃いメイクをしているとクレンジングもしっかり行わなくてはならず、その成分や摩擦によってダメージを受けることになってしまうのです。
このように、目元のたるみは年齢だけが原因ではなく、自分が普段行っているメイクや生活習慣によってたるみの原因を作っているかもしれないのです。

 

たるみは何歳から始まる?

目元のたるみに初めて気づくのはいつごろでしょうか?

突然起こる事ではなく、長い年月をかけて徐々にたるむため毎日自分の目元を見ている人は全く気付かないまま過ごしていることも少なくありません。

昔の写真を偶然見て今の目元との違いに気付いたり、久しぶりに会う親戚や友人に指摘されて初めてその現実に直面するなんてこともあるのではないでしょうか?

目のたるみ原因
いくつから目元のたるみは始まるという決まった時期はないのですが、やはり肌に年齢を感じ始める30代から40代にかけのようです。

いつまでも若々しい人の特徴を見ると、やはり目元にたるみがなく生き生きとしています。

目元がたるみ下がってしまうと、顔全体が老けてみて元気がない疲れた印象を与えてしまうのです。

ですからエイジングケアは目元ケアを中心に行うことが若さを保つ秘訣かもしれません。
30代を過ぎたころには誰でも少しずつ目元のたるみが出始めると分かっていれば、そうなる前に予防することができます。

たるんだ目元を引き上げるよりも、そうなる前に予防する方がずっと簡単で効果も高いのではないでしょうか?

自分に合ったケア用品を見つけることで、いつまでもハリのある目元を保つことができるのです。

 

目元のたるみにはビーグレンのアイセラム

自分の昔の写真と今の自分を見比べてみると、何かが違うことに気付くはずです。

もちろんその時の流行のメイクや化粧品でも印象は変わりますが、目が小さくなり下がった印象になっているはずです。

毎日鏡で自分の顔を見ていると徐々に垂れだがってきていることに気付きませんが、写真で比べると一目瞭然ではないでしょうか?

重力に負けて垂れ下がったのだという人もいますが、本当にそれだけでしょうか?
とにかくこの目元のたるみには専用のケアが必要で、きちんと使い続けることで目元がピンとハリを取り戻したるたるみを改善してくれるのです。

その目元専用ケアにはビーグレンのアイセラムがおすすめで、クリームのようなジェルのような不思議な見た目ですが、浸透力に優れ目元に潤いとハリを与えてくれるすごいケア用品です。

目元専用のケア用品はたくさんありますが、本当に効果を感じるものはどれだけあるでしょうか?

ビーグレンのアイセラムならば、使った瞬間から「これはいけるかも!」という他とは違った印象を受けるはずです。

ビーグレンアイセラム

ビーグレン 目のたるみ

目元のたるみを感じ始めたら早めにビーグレンのアイセラムを使うことをおすすめします。

すぐにその効果を感じ目元が元気になったと感じるはずですよ。

詳しくはこちら=目尻のシワ・美容液.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

ページ上部へ戻る